カテゴリー別アーカイブ: 映画レビュー

「ブレードランナー」対談[前編]

「2001年宇宙の旅」と「ブレードランナー」は、ぼくらの年代で映画好きを自称するには鑑賞必須の映画でした。SF好きでない人も、一応観とけ、って勢いで。 今週末、WOWOWで〈「ブレードランナー」スペシャルナイト〉が開催されます。 続きを読む

カテゴリー: 映画レビュー | コメントは受け付けていません。

「ブレードランナー」対談[後編]

「ブレードランナー」という映画からは、神格化された人材が何人も輩出されましたね。まずはシド・ミード!SF世界のハードウェア・デザイン第一人者。… 続きを読む

カテゴリー: 映画レビュー | コメントは受け付けていません。

集団心理の恐怖「ミスト」[1]

閉鎖空間での集団心理の恐怖を描く、傑作ホラー「ミスト」のレビュー。ストーリーを追いながら、この作品が描こうとしたものを探っていきます。 続きを読む

カテゴリー: 映画レビュー | コメントは受け付けていません。

集団心理の恐怖「ミスト」[2]

ストーリーを追いながら主要人物の性格を探っていきます。新任女性教師のアマンダと対極にいる狂信的女性カーモディ。カーモディの言動が、集団を動揺させます。 続きを読む

カテゴリー: 映画レビュー | コメントは受け付けていません。

集団心理の恐怖「ミスト」[3]

閉鎖空間での集団心理の恐怖を描く、傑作ホラー「ミスト」のレビュー下巻 続きを読む

カテゴリー: 映画レビュー | コメントは受け付けていません。

やばいくらい傑作「ノーカントリー」

ヘンな髪型のギョロ目男〈シガー〉がテキサスの荒野で会う人間を次々と殺し、麻薬取引が失敗した現場から大金を拾い帰った中年男がひたすら逃亡していくバイオレンス・ムービー。 暴力・良心・時代についていろいろ考えさせられる、味わい深い傑作です。 続きを読む

カテゴリー: 映画レビュー | コメントは受け付けていません。

パゾリーニの「ソドムの市」

禁断の…と装飾詞がつくこの作品。はじめてこの目で鑑賞して、衝撃でした。多くの人が衝撃を受けたという男色行為や排泄物を食べるという変態行為、拷問シーンにではなく、画面の美しさと抑制の利いた行為の描き方、そしてテーマ性にです。 続きを読む

カテゴリー: 映画レビュー | コメントは受け付けていません。

中川信夫監督作品『地獄』

3度も映画化されている「地獄」の中でも、伝説となっている中川信夫版「地獄」。特撮的な地獄世界の映像化は正直ちゃちなんですが、ストーリーと当時の暮らしがびっくりもの。怪作です! 続きを読む

カテゴリー: 映画レビュー | コメントは受け付けていません。

現場に居合わせた気分になる「エレファント」

「エレファント」は、ただひたすら画面を観続けることで、事件の起こった現場にその日1日幽霊のような存在で彷徨っている気分を味わいます。生徒1人1人の行動や人物像を通して、学園生活を体験しつつ、誰かの主観でない事件そのものを目撃してしまうことになります。このストイックさと構成は「神」です! 続きを読む

カテゴリー: 映画レビュー | コメントは受け付けていません。

濃厚カルトムービー「ホーリー・マウンテン」

とんでもない映画ですよ、マジに。神秘主義が好きで、反道徳を笑って楽しんじゃう人には、すっごいごちそう。「映画はストーリーでみる」というフツーの人は、ついていけないから手を出さない方がいいですね(笑) 続きを読む

カテゴリー: 映画レビュー | コメントは受け付けていません。